トップページへ かんもくネット Knet News   トップページへ  

     

- Knet News -

バックナンバー

(新規ウィンドウで開きます)

2021年 
5月 教師記入用「学校場面別行動チェックシート」公開 
2018年
11月 かんもくネット配布資料No.16公開
4月 リーフレットを無料で発送します。
3月 リーフレットが新しくなりました!
2017年
3月 かんもくネット設立10年を迎えて
2015年
10月 青年・成人用リーフレットを作成しました
8月 当事者用提示カードを作成しました
1月 場面緘黙のコミックエッセイ本が出ます!
2014年
12月 場面緘黙シンポジウム事前質問への回答
3月 カースティさんのメッセージカードを作成
2013年
12月 「経験者が語る場面緘黙講演会」事前質問への回答
11月 カースティさんへの質問と回答
10月 カースティさんからのメッセージ
1月 SMG~CAN(米国)Q&Aの14章公開
2012年
8月 SMG~CAN(米国)Q&Aの7章公開
5/19 提示カードが新しくなりました!
5/6 5月は場面緘黙啓発月間です
4月 当事者向けのマンガ
「話すことがむずかしいあなたへ」
2011年
10月 SMQ-R (場面緘黙質問票)について
5月 SMG~CAN(米国)Q&Aの翻訳公開
2010年
11月 場面緘黙理解のための絵本が出ます!
9月 提示カード「状況によって声が出づらいです」
2009年
7月 リーフレット「保護者の皆さんへ」
6月 場面緘黙の啓発絵本
2月 かんもくネット配布資料No.15公開
1月 毎日新聞が、かんもくネットに関する記事を掲載
2008年
12月 新しい学校環境に慣れるためにⅡ
11月 リーフレット「学校・福祉・医療関係者の皆さんへ」
10月 中3からのステップアップ
9月 場面緘黙の啓発キャンペーン in イギリス
8月 高2 夏休みのチャレンジ
7月 朝日新聞が、かんもくネットに関する記事を掲載
6月 クラスで場面緘黙の子どもへの対応を話し合う時
5月 場面緘黙の子どもの気持ちを知ってください
4月 新しい学校環境に慣れるためにⅠ
3月 保護者と取り組む「認知行動療法的アプローチ」
2月 話さない」のではなく
「話せない」のです
1月
かんもくネットの本が出ます!

2007年

12月
「○○療法」より大切なこと
11月
行動療法的アプローチを進めるにあたって
10月
場面緘黙と行動療法的アプローチ
9月
配布資料No.12公開
8月
情報ボックス新設
7月
トラウマについて(Ⅱ)
6月
トラウマについて(Ⅰ)
5月
配布資料No.14公開
4月
米大学内銃乱射事件

緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links

2021年5月

教師記入用「学校場面別 行動チェックシート」

 ※資料ダウンロードは一番下にあります。

 個人懇談などで「学校での合理的配慮」について、先生との話し合い時に活用できる「学校場面別 行動チェックシート(教師記入用)」を公開します。

 連休明けに個人懇談が予定されている小中学校は多いのではないでしょうか。個人懇談は、担任の先生に場面緘黙症を理解していただき、家庭と学校で子どもへの支援や対応を話し合うための貴重な機会となります。

 2016年4月に、学校で「合理的配慮」の提供が義務となって5年たちました。学校にも「合理的配慮」の考えがずいぶん浸透してきたように思います。「合理的配慮」は、障害のある児童生徒等が十分な教育を受けられるよう、一人一人の状態や教育的ニーズ等に応じて「学校と家庭が合意形成」を図ったうえで提供されるものです。個人懇談でなくても、本人・保護者からいつでも申し出をしてよく、また小中学校では、本人・保護者からの相談がない場合でも先生の気づきから、適切な配慮について先生と保護者が話し合いをもつ場合もあります。

保護者側から先生に、合理的配慮について申し出るときのポイントは3つ。

(1)感謝を伝える(2)現状を伝える(3)具体的な配慮や対応の提案

 高校や大学・就労の場で、合理的配慮についての申し出るときも、3つのポイントは同じです。特に「(1)感謝」を忘れないようにしましょう。場面緘黙症状のある子どもの場合、保護者は、家庭での子供の様子や、子どもが親に話す学校での様子について知るのみで、「(2)現状を伝える」といっても、学校での様子が把握できにくいものです。

 具体的な支援や対応を話し合うためには、子どもの学校での状態を把握し共有することが、具体的な配慮や対応について話し合うときに大切。そのツールの一つとして「学校場面別 行動チェックシート(教師記入用)」を活用するとよいでしょう。心理士としては、結構な項目の量なので先生が記入に時間がかかってたいへんなのでは?と考えていましたが、実際に記入をお願いしたところ、そのへんはさすが先生。それほど時間をかけずスムーズに記入されていました。

 このチェックシートは、かんもくネット会員が作成し実際に使用されているものを、許可を得たうえでKnet事務局が加筆修正して公開するものです。新年度開始時にまだ先生に渡していないようでしたら、かんもくネットのリーフレットと共にお渡しください。

かんもくネット 角田圭子(臨床心理士・公認心理師)


教師記入用「学校場面別 行動チェックシート」ダウンロード
 PDF版 エクセル版