トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 SMG~CAN(米国)Q&A


(5歳女児の保護者)

 5歳9ヶ月の娘Lは、プロザック(SSRIの一種:日本では未承認薬)5mgを処方され、大きな改善がありました。行き詰まりを感じておられる場面緘黙児の保護者の皆さんに、ぜひお薬を試してみられることをお勧めしたいです。さて、私の質問なのですが、通常はどれぐらいの期間(数ヶ月間、数年間、生涯ずっと)、お薬を継続すればよいのでしょうか?





 私は9〜12ヶ月間の薬の使用をお勧めしています(子どもが話し始め、社会的場面でも気楽に感じれるようになってからの期間です)。子どもが幼ければ幼いほど、通常は薬物療法の期間も短くなります。例えば、あなたのお子さんは5歳なので、行動療法と薬物療法を併せて行い、飛躍的に改善しているとすれば、おそらく9ヶ月間の服薬で十分でしょう。

 付け加えますが、不安を下げ対処スキルを身につけるために、行動療法なしで薬を使われている場合は、薬を止めれた後に不安が戻ってきてしまう可能性があります。お子さんが生きていく中で、様々な不安状況を切り抜けるための「対処スキル」を身につけるべく、今行動療法をしていく必要があります。 SMG~CANの研究では、様々な形態の行動療法とお薬を併用した子ども達の方が、薬服用のみの子ども達よりも、服薬を中止してからの状態がよいことがわかっています。





  SMG~CAN(米国)Q&A 目次に戻る