トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 SMG~CAN(米国)Q&A


(7歳男児の保護者)

 7歳の息子が場面緘黙です。学校では1度も話したことがありません。フロリダで開かれたエリザ先生の大変すばらしいセミナーに参加した後、プレイセラピーとプロザック2.5mgを始めました。プロザックは2ヶ月目で現在5mg飲んでいますが、今のところ改善はまだ見られません。医師から、プロザックに加えてザナックス(ベンゾジアゼピン系 抗不安剤)2.5mgを1日2回服用するように言われました。

 医師によると、3〜6ヶ月間ザナックスを継続するそうです。エリザ先生はザナックスを場面緘黙児に使用されたことはありますか? 専門家としてアドバイスをいただけたらと存じます。エリザ先生のセミナーは、私どもにとってたいへん勉強になりました。場面緘黙について豊富な知識をお持ちのエリザ先生に、ぜひご意見をお伺いしたいです。




 こんにちは。ご質問をありがとうございます。私は子どもに、ザナックスなどのベンゾジアゼピン系抗不安剤を使用したことはありません。ザナックスは必要ないと思います。ザナックスの副作用として、量に関係なく倦怠感が生じることが多くみられます。さらに、この薬は依存性もあり、短期記憶障害などの長期的影響が起こることがわかっています。私にはザナックスを使用する理由が見つかりません。

 お子さんの改善の手助けとなるのは、コミュニケーション不安のセラピーです。様々なゲームを用いて子どものコミュニケーションを促す方法です。こうした支援がない限り、薬だけでは限られた改善しか望めません。






  SMG~CAN(米国)Q&A 目次に戻る