トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 SMG~CAN(米国)Q&A

Q30. プロザックが効く子どもと効かない子どもがいるのはなぜでしょうか?

(保護者の質問)

 娘は10ヶ月間プロザックを飲みましたが、ほとんど改善が見られません。少しはリラックスしているようなのですが、学校では全く話しませんし、家族以外の大人にも話しません。このような場合どうすればよいのでしょうか。精神科医からは別の薬を試すことを勧められました。プロザックは多くの子ども達によく効くと聞きましたが、効かない子どももいるのでしょうか。




 このようなことはとてもよく起こります。原因はいくつか考えられます。
(1)薬だけで、子どもに話させようとしている。
(2)不安を乗り越えるよう対処スキルを身につけるための治療計画を作成していない。

緘黙がもはや定着した行動となっていることをよく理解することが必要です。特定の手法や技法を用いなければ、このような行動は簡単には捨て去ることができません。したがって、お薬を飲んでいても、子どもが緘黙行動を捨てるよう支援する手立てを講じなければ、改善がなかなか進まないことが多いのです。




  SMG~CAN(米国)Q&A 目次に戻る