トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 SMG~CAN(米国)Q&A

Q22.ゾロフトとプロザックの違いを教えてください

(7歳女子の保護者の質問)

 お薬は通常どれくらいの期間をかけて増量していくものなのか、一般的な目安をぜひ教えていただきたくてメールしました。7歳半の娘は、ちょうど1週間前にゾロフト25mgを始めたのですが、医師から来週は50mgに増やすように言われました。どこを調べてもこの増やし方は速すぎるのではないかと心配しています。最大の効果を引き出すためには、ゆっくり増量することが大切だと強調されているように思うのです。

 また、私達はプロザックを処方してもらいたかったのですが、娘の小児科医と小児精神科医はゾロフトを選びました。医師達によるとゾロフトの方が副作用が出にくいからだそうです。しかし、私が読ませていただいたSMG〜CANサイトの薬情報では、プロザックで効果があったというケースがほとんどです。

 二つの薬の違いについて、それぞれのプラス面やマイナス面を含めて教えてくださいませんか。それから、なぜ米国ではプロザックが第1選択薬となるのでしょうか。私達はスイスに住んでいますが、私たちが出会った専門家の大多数は、場面緘黙についての知識も、緘黙児を扱った経験もほとんど持ちあわせていません。そのこともあって、私は用心深く進めています。一つ一つ確かめながら確実に歩んでいきたいと思っています。エリザ先生がお返事をくださるのを心待ちにしております。どうかよろしくお願い致します。




 私の経験から申しあげますと、医師が処方しようとしているゾロフトの量は、やはり多すぎると思います。娘さんの場合ならゾロフト6.25mgから始めるのが妥当と思います。・・・そのあとはお子さんの反応を見ながら量を調整していきます。あなたの書かれていた量では、よい効果をより早く出すことは難しく、実際は副作用を増やすだけでしょう。

 ゾロフトとプロザックは非常によく似ています。どちらも効果が出た経験を持っていますが、プロザックの方をよく処方します。プロザックの方が、副作用が少ないというデータがあり、好ましい反応も多いからです。 とにかく大切なことはごく低量から始めることです。量が少なすぎるよりも量が多すぎる方が、問題が生じやすいと思います。




  SMG~CAN(米国)Q&A 目次に戻る