トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 SMG~CAN(米国)Q&A


(5歳女児の保護者の質問)

 5歳の娘が場面緘黙です。この秋の幼稚園入園に備えるために、7月からパキシルを始める予定でした。この件について質問させていただきます。

 娘はセラピーを受けて約半年です。セッション内ではもう十分改善していて、現在セラピールームの外で、改善が見られ始めています。ちょうど私が投薬を受けようと決心した頃から、娘は飛躍的な前進を始めました。以前通っていた保育所で、デイキャンプ(訳者注)を開催していたので1週間参加させました。保育所ではこれまで一言も話したことがなかったのに、新しい先生と初日から話し、1週間続けて話すことができました。一言だけの応答ではなく、水が欲しいということも言えたようです。初日に家に帰る途中には、保育所で話さなかったけれども、今回は話せたと、娘自身が私に話してくれました。

 また、ある夜父親に、話さないよりも話す方が気楽だったと言ったりしました。同じ頃、外食に行くと、以前は全くしたことがない自分の注文を、自分でするようになりました。全体として、新しい人に対して気楽でいられるようで、以前よりも子どもに対してよく話すようになりました。しかし、今でも話さない人は大人でも子どもでも、たくさんいます。どうも以前話さなかった人に対しては今も話さず、新しい人の方が話しやすい傾向があるように思います。

 私達はこれらのことを総合して考え、お薬はひとまず保留し、秋から少し様子を見ることにしました。もしも入園後1週間話せないようなら、かかっている精神科医師に電話して、すぐに方針を替えて薬を始めることになっています。新しく迎えた環境で話さないパターンが定着しないようにしたいからです。

 このように一旦は決めたのですが、今また迷いが生じてきて悩んでいます。ご存じのように場面緘黙は一夜にして消失するようなものではありません。今のところ順調に改善しているとは思うのですが、とにかくパキシルを始めた方がよいのでしょうか?そして幼稚園のスタートだけでも確実に話せるようにしてあげた方がよいのでしょうか?お薬なしで入園させるなんて、リスクが大きすぎるでしょうか?

 先生は、改善が見られる子どもに、緊張を和らげるためのお薬を処方されますか?最初の1週間、園で娘が話さなかったら、すぐに切り替えてパキシルを始める予定ですが、それでは入園前に薬を始めるよりも、効果が出にくいでしょうか?もしもこれが先生の娘さんで、子どもによい兆候はあるけれど、緘黙症状もまだあるような場合、先生でしたらお薬を使われますか?それとも、お薬なしで克服できるか、しばらく様子を見られますか?
 
 尊敬するエリザ先生の個人的見解と専門家としてのご意見をぜひお伺いしたいです。どうぞよろしくお願い致します。場面緘黙に精通した専門家はほとんどおらず、先生にはいつも大変感謝しております。




 本当にたくさんの情報を書いて下さり、ありがとうございます。お子さんがもしも私の娘でしたら、しばらくお薬を保留して様子を見ると思います。場面緘黙の子どもが、全く新しい状況で話し始めることは珍しいことではなく、実際にとてもよくあることです。また、過去に話せなかったほとんどの人に対して、話さないままであることもよくあります。

 言い換えれば、例えば娘さんを元いた状況に戻せば、おそらく昔のようにまた話さない状態になるでしょう。それはなぜかというと、そこでは自分は話せないと子ども自身が思いこんでいるからです。

 場面緘黙を克服するのに必要なのは、新しい環境と子どもがそこで話せると気付くことだけ、という場合もあります。娘さんもそうだといいですね。しかし、入園後数週間しても幼稚園で話さないなら、パキシルを始められるとよいでしょう。入園はどの子にとっても慣れるまで大変ですが、不安障害をもつ子どもには余計負担がかかります。いただいたメールから、あなたは場面緘黙についてよく知っておられるようですね。最終的にはきっと的確な決断をなさると思います。

 お薬はしばらく様子を見てからの方がよいでしょう。できるだけ人前で話すように促し、他の子どもがいっしょにいる時に子どもに問いかけましょう。しばらく待ってみて子どもの態度を見極めてください。

 幸運を祈ります。あなたは、子どもさんの状態にあわせてきめ細かい対応をされていると感じました。きっとうまくいくと確信しています。
エリザ・シポムブラム
(訳者注)
夏や春の休暇期間に、子どもたちが色々な楽しい活動に参加できる半日/一日のお楽しみイベント。



  SMG~CAN(米国)Q&A 目次に戻る