トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 
Q9.息子が自分が喋ったと言う時、本当なのか問いただしていいのでしょうか?
小2男子の保護者の質問

 2年生の息子は、家に帰ると毎日「僕、先生に話したよ」と言います。息子が先生に話した時は、担任が連絡してくれることになっています。私は息子の言うことを信用したいので、彼が傍にいない時に先生に尋ねることにしていますが、息子は喋っていない時でも、喋ったと言いはります。 私は彼を信じたいし、息子も私に信じてもらいたいと思っているのですが。




 (回答)

 これは、思いの他よく起こることです。喋りたくて仕方ない緘黙児は、自分は「人に話しかけた」と思った時でも、実際は誰も聞きとれないような、かすかな深呼吸の声や上ずったあいさつ(Hi)のことがあるからです。 また、子どもが確かに小声では答えていても、かすかに唇が動くだけなので、誰も気がつかないことも多いようです!

 どうか、反論したり、否定したりなさらないでくださいね。大げさにとらえず、にっこりと笑って息子さんの言うことを受け止めてあげてください。時がたって、彼のおしゃべりが前進すれば、もっと聞こえる大きさの声で話せるようになります。




  SMG~CAN(米国)Q&A 目次に戻る