トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 
Q8.恐怖感を和らげるために、夜娘が寝入るまでそばにいてやる方がいいでしょうか? 
女児の保護者の質問

 娘は部屋のドアや車のドアが閉まって一人になるのをいやがり、ひどく恐がります。そのため寝るときは、仕方なく私が添い寝してやるか、寝入るまでそばにいるくらいはしてやりますが、続けてもよいでしょうか?




 (回答)

 いつも申し上げているとおり 、不安の高い子どもにはさまざまな恐怖や心配がよく見られます。娘さんのケースも恐怖や心配の1つでしょう。夜寝る時間というのは、不安の高い子どもにとって、心配事が現れる典型的な時間です。何といっても、暗いし、お母さんお父さんは別室で、自分は独りぼっちな訳ですから。おやすみ前に娘さんと1対1での時間をとることは好ましいことですので、お勧めします。ただし、きちんと時間制限を設けて、あなたが娘さんのそばを離れるための心の準備をさせてあげてください・・・何かあなたの持ち物を渡してそれと一緒に寝ることにするのはどうでしょう。これは、母親を身近に感じて安心して眠れるよい方法です。小児科医に相談して、うまく寝かしつけるアイデアを他にも聞かれてはいかがでしょうか?




  目次に戻る