トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 
Q13.小学校入学を遅らせた方がよいでしょうか?
保護者の質問

 


 (回答)

 お子さんを診ずに、きちんとした意見を申しあげることなど当然できませんが、学習上の問題を併せ持たない場面緘黙児や、重度の社会性の遅れがない場面緘黙児は、入学や進級を遅らせるべきではありません(お子さんは他の子と1対1で関わる時どんな感じですか? 例えば家で遊んでいる時はどうでしょう? 年齢相応ですか? お友達とコミュニケーションはとれますか?)。 

 入学時期を遅らせるのではなく、学校環境の中でさまざまな教育的配慮こそ緘黙児には必要です。学習のための知的発達が入学相応であり、発達上他に特に問題がない場合は、時期を遅らせるのは正しい判断とはいえません。子どもさんの成長の妨げとなるだけでなく、自尊心を傷つけることにもなりかねないでしょう。まず学校の学習担当チームの先生方と話し合いましょう。そして、かかっておられる専門家に、お子さんの報告書を読んでもらい、よく相談してからお決めになった方がよいでしょう。




Q&A 目次に戻る