トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 
Q12.娘の発話を促すために、目標を設定するべきでしょうか?
女児の保護者の質問

 先日のカンファレンスで、 Eメールで先生からアドバイスがいただけると伺い、連絡いたしました。うちの娘は、夫がイラクから帰還して家庭に戻った後から、私たち夫婦に話さなくなりました。夫は今後もイラクにはもどる予定はありません。娘はまだ発話はしないのですが、書くことは以前よりもずいぶん増えてきました。

 ゾロフトの処方を受けていますが、これから娘への支援についてどのように目標を設定していくとよいのか考えています。ぜひアドバイスをいただけませんでしょうか。もしももっと情報が必要でしたら、どうぞおっしゃってください。 どうぞよろしくお願い致します。




 (回答)

 娘さんがなぜお父さんの帰宅後話さなくなってしまったのかを明確にしなければ、発話を促すための目標を据えることはできません。娘さんの不安が高まったのでしょうが、その原因は何でしょうか。徹底した評価を行って、この点をはっきりとさせた方がよいでしょう。全体的な評価をおこなわなければ、目標設定できないのです。それから、お子さんのニーズや特性に沿った形で治療計画が練られることになりますので、場当たり的な目標を掲げることはできません。

 どのような支援者も、全体的な評価をおこなわなければ、いかなる目標も設定できません。理由はいたって簡単です。私も含め誰もがお子さんを精査して初めて、お子さんの場面緘黙の特徴を把握することができるからです。カンファレンスでお話しましたが、手法は数え切れないほどたくさんあります。子どもに応じて手法や目標設定が選択され、体系立てられた支援計画が作られます。全ての治療計画に適合するやり方があれば素晴らしいですが、そのようなものはありません。

 まずあなたが最初にすべきことは、お父さんの帰宅後なぜ皆の前で娘さんが話さなくなったか、その原因を明確にする必要性を、治療に当たっている専門家に話すことです。この部分が明確になれば、治療は進展していくでしょう。




Q&A 目次に戻る