トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 
Q10.小児科医に協力をお願いした方がよいでしょうか?
保護者の質問

 ほとんどの方が、かかりつけの小児科医にかかっていると思います。 うちの子がかかっている小児科医はこの地域で一番の医師で、私はこの医師が大好きです。しかし、医師は場面緘黙や親への支援に全く興味を示してくれません。電話で問い合わせたところ、地域の病院で診てもらうように言われただけでした。その医師に協力をお願いすべきでしょうか? クレニオセイクラルセラピー(CranioSacral Therapy)を受けていますが、その所見を医師に送ってもらった方がよいでしょうか?



 (回答)

 実際のところ、小児科医が継続的に場面緘黙の子どもの治療にあたることは少ないようです。 場面緘黙の認知を図るため、私達SMG〜CANは小児科医に場面緘黙について認識してもらい、そして家族を関連のメンタルヘルスの専門家に導けるよう、懸命 に取り組んでいます。しかし、ほとんどの小児科医は積極的に場面緘黙の治療を行っていません。
そんな状況でも、おそらく発達専門の小児科医なら、ご家族やお子さんと場面緘黙に取り組んでいる医師もいるのではないかと思います。しかし、やはり通常の小児科医は大変まれだと思います。



Q&A 目次に戻る