トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 
Q1.言葉の壁は、自信に影響するでしょうか?
女児の保護者の質問

 娘は新しい場所であまり自信がもてず、他人に「いいえ」と言うのを怖がります。 そこで質問です。娘はバイリンガルで(ブルガリア語・英語)常に2つの文化を行ったり来たりする生活をしていますが、娘をみてくれる英語のネイティブスピーカーを雇う方がいいのでしょうか(ブルガリア人の祖父母が同居していて、私たち夫婦が働きに出ている間は、娘と兄(弟)の面倒を見てもらっています。夫はアメリカ生まれです)。




 (回答)

 娘さんはブルガリア語の方が自信があるのでしょうか。もしそうならば、英語を使うプレスクールに通って、英語力をつけてあげてはいかがでしょう。そこで、娘さんが先生にブルガリア語を教えることもできるかもしれませんね。場面緘黙の子どもは「自分を大きく見せたがる」傾向があって、他人が知らないことを知っているというのは、自尊感情が高まる強力な起爆剤になります。基本的な色や数字から始めるとうまくいくでしょう。他児がいない時に先生と1対1で行いましょう。先生と向かい合って直接ブルガリア語を話すのではなく、何か遊びながらがよいでしょう。 




  Q&A 目次に戻る