トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 SMG~CAN(米国)Q&A

Q3.どうすれば、小学校入学での不安を和げることができるでしょうか?
4歳女児の保護者の質問)

 この9月で5歳になる女の子がいます。この2年半の間、場面緘黙が続いており、不安のために幼稚園でうまくやれていません。どうすれば、小学校入学での不安を和げることができるでしょうか。私たちはゆっくりと進めた方がよいと思っているのですが、学校心理士には、恐怖に直面させるよう言われました。どうすべきなのでしょうか。また、場面緘黙児は感覚の問題やアスペルガー症候群をもつことは多いですか。娘の場合、認知や感覚の問題を持っているのではないかと思っています。それ以外のことは、よくできる利発な子です。どうぞよろしくお願い致します。




 (エリザ・シポンブラム博士の回答)

 正直に申しあげて、入学という新しい学年に入る時に、お子さんに「恐怖に直面」させようとしたら、お子さんに心の痛手を負わせてしまいます! 私は学校心理士の言うことに全く賛成できません。その心理士の方には、あなたから場面緘黙について知らせる必要があると思います。お子さんは、まだ幼く非常に不安が高い女の子です。環境の中に少しずつ入れていく方法が一番です。例えば、入学前に学校に連れて行くことを、ゆっくりと始めるなど。「EASING SCHOOL JITTERS(学校での不安を和らげる)」という本(※1)がお勧めです。子どもたちが学校でもっと落ち着いて過ごせるに は、どう対応すればよいか、様々なアイデアが掲載されています。

 また、感覚の問題は場面緘黙の子どもによく見られる問題です。小児のための作業療法士に感覚について評価してもらうことをお勧めします。感覚統合障害を併せ持っている場合は、感覚の問題から不安が悪化します。感覚の過負荷からシャットダウンが生じると深刻ですので その対応が必要です。アスペルガー症候群は、場面緘黙との鑑別は難しくありません(※2)。ぜひ正しい診断を受けてください。全体的な対応を行うにあたって、このことが最も大切です。


(※訳者注1)EASING SCHOOL JITTERSは、日本未公開
(※訳者注2)日本では、場面緘黙とアスペルガー症候群や自閉症スペクトラム障害ASDとの鑑別や併存について、研究が少ない。



 



  SMG~CAN(米国)Q&A 目次に戻る