トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 SMG~CAN(米国)Q&A

Q5.緘黙児が自分の声を嫌っている時は、何かよい方法はありますか?
   
(保護者の質問)

 



 興味深いことに、同じように「自分の声が好きではない」と言う場面緘黙児が多くいます。スピーチセラピーをお試しになるのはどうでしょうか。自分の声が大嫌いだった緘黙児が、スピーチセラピーによってある程度まで安心感が増すと、自分の声はさほど悪くないと思えることがあります。

 スピーチセラピーとあわせて、標準的な不安軽減法も行いましょう。朝の時間や放課後に保護者といっしょに校内で発話の練習をしたり、家でクラスの子と頻繁に遊んだり、その子たちを放課後の教室での取り組みに加えたりしましょう。



  SMG~CAN(米国)Q&A 目次に戻る