トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 SMG~CAN(米国)Q&A

Q3.子どもの自己評価や自信を高めるには、どうすればよいのでしょうか
   
(男児の保護者の質問)

 私の息子は、今年まだ学校で発話していません。クラスメートの一人を自宅に呼んだりしましたが、やはりそのお友達と話しませんでした。私たち家族や親戚には話しますが、自分が話すのを人に聞かれているとわかると、私たちにも話しません。息子は恥ずかしいからと言います。とても朗らかな子どもなのですが…そして現在、アセスメントを受けているところです。子どもの自己評価や自信を高め、不安を軽減するには、どうすればよいのでしょうか?




 これはかなり難しい質問です! 子どもはそれぞれ違いますし、自己評価を高め、自信をもたせ、不安を軽減するには、様々な方法がたくさんあります。使えそうな手段は様々ありますが、お子さんの状態、現時点の不安レベル、そして個性に基づいたものである必要があります。自己評価を高めるためには、お子さんが持っておられる長所を育てるサポートをしてあげるといいでしょう。たとえば、スポーツ、アート、音楽など、どんなものでもよいので、子どもの興味を引き出してあげます。できるだけ多くの分野で、お子さんがもっとも力を発揮できるように手伝ってあげましょう!

 自信が強まると、不安は軽減します。社会的自信を形成するには時間がかかり、異なる方法をいろいろと試みる必要があります。たとえば、すでに話せる小ループの中に、一度に一人ずつ子どもを入れていきます。この場合、他の子どもではなく、お子さんが誰を加えるかを決めるようにします。息子さんのためにこのような方法を実践していくには、様々な手法を用いたプランをたてること、そして我々が忍耐強く接することが必要です。

 不安の軽減には、行動療法を行うか、あるいは行動療法と薬物療法を併用します。薬は必ず他のセラピーと併用し、単独では行わないことが大切です。 場面緘黙に精通し熟練した専門家に、「家庭で」「社会的場面で」「校内で」行えるような、お子さんに合わせたプランを作成してもらいましょう。



  SMG~CAN(米国)Q&A 目次に戻る