トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
Knet事務局便り
 Knetからお知らせなど 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
正会員専用掲示板
 会員以外不可視
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links
 
Q3.三環系抗うつ剤は、場面緘黙に効果があるというエビデンスはありますか?





 三環系抗うつ剤の効果についてのご質問ですが、場面緘黙やトイレの問題に対する効果を証明した研究結果はありません。ご存知の通り、イミプラミンには抗不安作用があり試してみる価値はありますが、私の経験では、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)ほど不安や場面緘黙に効果が得られませんでした。私の経験では、不安が軽減されると夜尿や遺尿が消失するように思います。

 お子さんがお漏らしをしてしまう原因がよくわかりませんが、おそらく場面緘黙の子どもによくあるように、トイレに行きたいと言えず、長い間我慢しすぎたために、トイレに行く感覚がつかめず、タイミングがずれてしまうのではないでしょうか。夜尿の問題ならばやはり行動療法を用いるか、もしくは行動療法とSSRIを併用することによって、不安が軽減され、夜尿がなくなったケースがあります。