2007年5月19日(土)

かんもくネットの配布資料No.14 「場面緘黙児が小学校中学年以上や十代のとき」
2007年5月19日にSMJにて公開しました。


この資料は、場面緘黙症グループ小児期不安ネットワーク(SMG〜CAN)のロリ・ダブニー先生が書かれた記事”The Older Child or Teen with Selective Mutism”を翻訳したものです。

場面緘黙症は保育園児や幼稚園児、小学校低学年の児童だけの問題ではありません。しかし、これまでの文献は幼い子どもを対象にしたものが中心で、ある程度の年齢の子どもを扱ったものはほとんどありませんでした。今回の資料は、小学校中学年以上の場面緘黙児を対象にしたものです。

◆この資料について 〜Knet代表より〜

Knet配付資料は、SMJ管理人の富重さんのご協力を得て、現在SMJサイトにて公開させていただいています。富重さん、どうもありがとうございます。

Knetでは、この配布資料の公開についてとまどいと迷いがありました。年齢が上の子どもをもつ保護者の方々にとって、厳しい現実を突きつけられる内容だからです。日本では場面緘黙症についての認知や理解はとても遅れています。また、「(3)対応と学級における対処方法 」を、今すぐ学校にお願いしても対応してもらうことが難しいものが多いでしょう。

しかし、この時期の子どもの症状の改善はとても難しいこと、鬱や不登校になりやすいこと、小さな進歩はとても大きな進歩なのだということを保護者が知っておくことは、とても大切と思います。この時期、子どもの不安と発話の状態が現状維持できているならば、それはむしろ、うまくいっている状態なのだと考えていいのではないかと思われます。

年齢が上の子どもの場合、ずっと続けてきた行動の癖や習慣を変えて、不安を引き起こすような状況に身をさらすなどということは、考えただけでものすごく恐ろしいことなのです。(本文より)

子ども達はとても辛い思いをしています。学校の支援体制が十分でない今の日本では、子どもにとって保護者の理解があるかどうかは、大人になり発話できるようになった後の人生に、大きく影響を及ぼすのではないかと考えます。子どもが家族と楽しい時間を持つこと、言葉を使わなくても誰かとコミュニケーションすること、何かに達成感を感じること、そんな体験の1つ1つが必ず子どもさんの人生の役に立つでしょう。

専門家の治療経験からわかってきたことは、小学校中学年以上や十代の場面緘黙児の場合、彼らを治療に積極的に関わらせ主導権を持たせることが必要だということです。(本文より)

不安を経験しないですむ学校環境があること、子どもが保護者・教師・専門家と協力関係にあること、専門家に査定や不安についての治療を受けていること、そして何よりも子どもに前進するエネルギーがあること、また子どもにチャレンジしようかという気持ちがあること、このような条件がそろった時、最も症状の改善が進みやすいのではないかと思われます。

SMG〜CANは保護者や先生や専門家など様々な人たちで構成された場面緘黙症に関するアメリカの団体です。この資料No.14は、SMG〜CANメンバーだけが入れる有料サイト内の資料ですが、著者のロリ・ダブニー先生は、快く翻訳とweb上公開許可をくださいました。

日本の教育現場で「(3)学校の対応と学級における対処方法 」を実現させていくためには、場面緘黙症の認知の向上が必要です。Knetは、様々な立場の方と力を合わせて、子ども達や保護者の方の声を社会に届ける活動を行っていきたいと考えています。
トップページへ

かんもくネット Knet News 5月 

トップページへ  案内ページへ