トップページへ かんもくネット Knet News 2013年11月 トップページへ  

   

2013年11月

カースティさんへの質問と回答

 この夏から一年間の予定で、ミスイングランドのカースティ・ヘィズルウッドさんが、イギリスの場面緘黙支援団体SMIRAを支援しています。日本のテレビ番組『ザ!世界仰天ニュース』で場面緘黙だった彼女の幼少時代がドラマ化されたので、カースティさんをご存知の方も多いと思います。SMIRAと協力関係にあるKnetは、カースティさんにインタビューを申し込みました。インタビューの質問は、Knet掲示板などで会員の皆さんから募集したものです。

 カースティさんは事前に質問をチェックすることを好むということで、10月初頭にミスイングランドの事務所に質問表を送ったところ、文書にて丁寧なお返事をいただきました。

下記は、カースティさんへの質問と彼女からの回答です。

                          Knet事務局  ロンドン在住 みく
 


カースティさんへの質問と回答

質問1 Selective Mutism(場面緘黙)という言葉を、いつ、どのように知り、理解はできましたか?その後、克服するぞとポジティブになりましたか?悩み苦しみネガティブになりましたか?

(回答)いつだったか偶然あるテレビ番組を観るまでは、場面緘黙のことなど聞いたことがありませんでした。それは、本当は話せるのに、誰にも話す勇気がもてない幼い女の子の話でした。小さい頃の私と同じ問題だと気がつき、それが場面緘黙と呼ばれることも知りました。私が幼い頃は、誰もそんな言葉を聞いたこともありませんでした。

I had never heard of Selective Mutism until I saw a programme on the tv In the UK.
It was about a young child who even though she could speak, she couldn't find the courage to talk to anyone.
I realised I had the same problem when I was younger and discovered it was called selective mutism. No one had heard of it when I was younger.



【質問2 テレビでは、ビデオを見せたことがきっかけで周囲のお友達が優しい言葉を掛けてくれたとありました。その後、自分が強く場面緘黙を克服したいと思った出来事はありますか?

(回答)自分が話せるということを隠す必要がなくなって、私は少しずつ話し始めました。文字通り「沈黙は破られた」という感じでしたね。ビデオのお陰で、第一声を出すことを思い悩まずにすんだので、本当にほっとしました。何年も話したいと思っていたから、もう話していいんだと思って嬉しかったです。あまりに長い間黙っていたので、急に話し始めることが難しかったのですが、ビデオがそのきっかけを与えてくれました。

I began speaking more after the video tape because I felt I didn't need to hide the fact I could actually speak anymore. It was literally like the silence had been broken and it was a nice relief knowing I didn't have to worry about saying my first words because the tape had done it for me. It was good to feel like I can speak now, because I had wanted to for years, but as it had gone on for so long, it was hard to suddenly start talking, so the tape gave me that excuse.


質問3】 母親、先生、友達の支援が大きいと思いますが、父親や姉妹はどのように支えてくれましたか?

(回答)場面緘黙だった期間、母も父も共に私をサポートしてくれましたし、今でも変わりなくサポートしてくれます。両親の支えがなかったら、緘黙がどれだけ長びいたかわかりません。姉もまた、自分もまだ幼かったのに、学校で私の面倒をよく見てくれました。先生達とうまくコミュニケー ションできない時は、姉がやってきて私を助け、救ってくれました!本当に何度そんなことがあったかわかりません。

My mother and father both supported me during the time and they still support me now. I don't know how long it would have carried on for had it not been for them. My sister looked after me whilst I was at school, even though she was only a baby herself. She would come and help/save me if there were any communication problems between me and teachers, and that was a lot of times!


【質問4 場面緘黙だった頃、周りの人からの行為で、一番(特に)辛かった出来事は何ですか。 または、一番(特に)嬉しかった出来事は何ですか。

(回答)一番辛かったのは、学校での出席の返事でした。私の名前をからかって呼ぶ子がいたので、それがとても嫌でした。私の名前をクラスの誰が呼ぶかでいつも小競り合いが起きてたんです。ある日「ちゃんと返事しなさい。ここが火事になっても、あなたはいないと思われるわよ!」と先生に怒鳴られたことも覚えています。先生が言ったことは確かにもっともなことでしょう。でも、そんなふうに先生に怒鳴られて、私の状態はさらに悪くなったし、深く傷つきました。私は泣いても、声を上げることができないし、なぜ泣いているかその理由をみんなに伝えることができませんでした。そこにただ座っているだけ、そして自分に腹を立てるしかなかったのです。

 一番嬉しかった思い出は、友達と一緒に遊んだことです。子どもというのは、相手のありのまま受け入れるから素晴らしい。私がどうして話さないか、無理やり聞いてきたりせず、私のそのままを受け入れてくれました。イエスかノーで返事できるように尋ねてくれて、私はうなずきや首を振って答えたりしてよく遊んで いました。


I remember the hardest time was registration at school. I always used to be so nervous knowing they were going to call my name and I would often get kids fighting over who was gonna call out my name that day. I remember one day the teacher shouting at me, saying "you must answer the register, it's important to know you are here in case of fires!" , which is true, however because she had shouted it to me, it set me back even further and I was so upset. When I cried, I couldn't cry and tell people the problem. I would just sit there and be upset to myself.

The happiest memory was playing with my friends. Kids are great at accepting people for who they are, and they didn't really ask why I didn't speak, they just accepted it and would play by asking me questions and I would nod my head, yes or no.



【質問5 自分と同じ場面緘黙の子と出会ったことがありますか。または、周りにそのような子がいましたか。

(回答)私ほど引っ込み思案な人や、他の場面緘黙の子どもに、これまで一度も会ったことはありません。でも、今は場面緘黙に苦しむ人たちに会って、症状が改善するのを助けてあげたいと思っています。

I have never met anyone who is as shy as I was or who has SM but I would love to meet people suffering from it now and try to help them overcome it.


質問6 日本では場面緘黙の認知度が低いために教育・医療関係者から場面緘黙が見過ごされたり間違った対応をされて傷ついたりすることが少なくありません。どのように思われますか。

(回答)極端に内気な子どもや場面緘黙をもつ子どもに、どのように対応すればよいか先生達が熟知していることが重要だと思います。そばにいても子どもが緊張せずに、信頼できる感じになれば、最終的には話すことができるようになるかもしれません。問題なのは、先生方がせっかちになって、コミュニケーションを返せない子ども達を、ゆったりと待てないことだと思います。イライラするかもしれませんが、場面緘黙の子どもに怒鳴ってもいっそう悪くなるだけです。辛抱強く子どもに関わり続けることが大切です。

I think it's important teachers are aware of how to deal with children that have SM or who are incredibly shy. You need to make them feel extremely comfortable around you, and feel like they can trust you, and eventually they may be able to speak. I think the problem is that teachers get too impatient and can't cope for that long with a child who can't communicate back to them. It must be frustrating for them however shouting at a child with SM only puts them back further, so your best to just keep being patient and care for the child.



質問7 子どもの頃や現在でも、不安や緊張があったとき、気持ちのコントロールは、どうやっていますか?

(回答)心配になったり、ストレスを感じる時は「瞑想すること」が多いですね。単純だと思われるかもしれませんが、瞑想すると本当に心がすっきりしてストレスや緊張が和らぎます。今は、インターネットで瞑想のビデオを聞くことができるから手軽にできますし、間違いなく効果がありますよ!

When I'm anxious or stressed what I tend to do is meditate. I know it sounds silly, but it really does clear the mind and relieves any stress and tension you may have. You can listen to meditation videos on the web now, so it's very easy to do, and it definitely works!


質問8 好きな言葉、勇気をもらった言葉、座右の銘など教えてください。

(回答)場面緘黙だけでなく何かうまくいかにず苦しんでいる人や、何かを怖れている人に私がお勧めしたいことは、「自分の不安に立ち向かうこと」です。怖いと思うことに取り組めば取り組むほど、それは以前より間単になっていきます。私は、自分が人前で話すようなるなんて想像すらできませんでしたし、いまでも正直まだまだ緊張します。でも、やり遂げた後に感じる達成感は素晴らしいものです。私は今は不安と向き合うことを楽しんでいます。「これができれば、何でもできるはず!」と感じられるからです!

I believe the best motto or advise I can give for anyone who is struggling or scared of something, is to face your fears. The more you do something that scares you, the more easier it becomes. I never once thought I would be able to speak in public, and I must admit I still get very nervous now, however the feeling I get after accomplishing it, is great. I actually enjoy facing my fears now, because I feel like if I can do that, I can achieve anything!



質問9】小さかった頃(緘黙の時)、将来なりたかった職業はなんですか?

(回答)私は動物が大好きなので、小さい頃はずっと獣医になりたいと思っていました。「自分は自分」と思っていたし、場面緘黙がその妨げになるとか、自分はどこかおかしいとは全く思いませんでした。だから、場面緘黙が問題ではなくなったことは本当に嬉しいです。場面緘黙によって自分の目標や自分の夢をあきらめる人がいるなら、それはとても悲しいことです。

When I was little I always wanted to become a Vet as I love animals. I never once thought SM would get in the way as I just thought I am who I am, and I didn't really think there was anything wrong with it or me. I'm so glad it's not an issue anymore, and would hate to think it's affected other people who can't achieve their goals or dream jobs.


質問10 緘黙を克服したと感じたのはいつですか?

ミス・ハートフォードシャー州に選ばれた日、自分の人生が良い方に向かっていると感じました。タイトルを獲得したからではなく、自分の目標を達成し、たくさんの不安を克服できたと実感できたからです。それ以来、私は大きな自信を持てるようになり、やろうと自分で心に決めたことは、どんなことでも必ずやり遂げられると感じています。それは、本当に素晴らしい気持ちだから、私のことが場面緘黙の人たちの励みになればいいなと願っています。だれでも不安と向き合わなければなりません。それはものすごく怖いことですが、後で必ず自分に誇れることになるでしょう。

                                        カースティより


The day I won Miss Hertfordshire was the day I felt my life has changed for the better.
Not because I won the title, but because I felt I had achieved my own goal and overcome many fears. My confidence has grown enormously since, and I feel I am capable of anything I set my mind to, which is a great feeling, and I'd love to use my example to inspire other SM people. You have to just face your fears, it's scary but you will be so proud of yourself after.

                                         From Kirsty