トップページへ かんもくネット Knet News  2009年6月   トップページへ 

   


2009年よりKnetニュースは不定期に更新します。

2009年6月1日

場面緘黙の啓発絵本

昨年度、大阪市教育委員会の取り組みで「人権絵本原作コンクール」があるのを知り、場面緘黙の子どもを題材としたお話を作り応募しました。
お話は「こうしましょう。ああしましょう。」と指示的な内容ではなく、まず気づき、自分に何が出来るか考える。そして出来そうなことから実行する。そんな気づいて考えることができるきっかけの絵本となることを願いながら作成しました。

場面緘黙の子どもは、話せない、感情を出すことが難しいために、まるで聞こえていない、感情がないように誤解されることがあります。本当は人一倍感受性が豊かで、傷つきやすく、また感謝の気持ちを持っています。
このお話を通じて、周囲の子には話せない子どもの心の中をいっしょに考えて欲しいと思います。


                                         Knet事務局 はは(保護者)



場面緘黙の啓発絵本 「かなちゃんのこころ」←クリックしますと全文読めます。

大阪市教育委員会第11回(平成20年度)「はーと&はーと」絵本原作コンクール入選作品

転載・または使用される場合は、大阪市教育委員会の出典であることを明記してください。

「かなちゃんのこころ」は、第11回「はーと&はーと」絵本原作コンクール入選作品集にかわいい挿絵付きで載っています。この入選作品集は現在プレゼント募集中です。(2009年6月1日時点)
詳しくは、いちょうネット(大阪市生涯学習情報提供システム)サイト内 
「はーと&はーと絵本」をご覧下さい。