トップページへ   かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A   トップページへ 

     
緘黙に関する資料・情報
場面緘黙とは
Knet資料 Handouts
啓発資料
SMG~CAN (米国) Q&A
役立つツール
Knet News 
かんもくネットについて
ご挨拶・事務局紹介
会則
会員状況 Members
会員になったら
入会申し込み
これまでの活動
お問い合わせ Post
その他
応援メッセージ
 Thanks for the
  encouragement!
 Knetがいただいた
 応援メッセージです
書籍案内 Books
リンク Links

SMG~CAN(米国)Q&A

アメリカのSMG~CAN(Selective Mutism Group ~ Childhood Anxiety Network 場面緘黙グループ小児期不安ネットワーク)のQ&Aを翻訳しています。
※SMG~CANは、2016年に Selective Mutism Association (SMA) と改称されました。
http://www.selectivemutism.org/learn/ask-the-doc/ask-the-doc-archives/ 2017年1月最終アクセス)

「SMG~CAN(米国)Q&A」を読む前に

場面緘黙の治療において、セラピストは様々な方法を用いて必要な情報をすべて集め、その子どものニーズは何なのかを探ります。その際、各種質問紙による詳細な聞き取り、親との面接や教師からの聴取、子どもとの面接や録画での観察などを行うことになります。医師やセラピストが、詳細な情報に基づき、子どもにとってどのような治療計画が最良なのか決めるには、診療や面接の中で様々な手段を講じることが大前提です。そのため、このサイトのようなQ&A形式で、個別の質問に答えたり具体的なアドバイスをすることは、倫理的に問題があったり、子どもに悪影響を及ぼしたりする可能性があります。

読者の皆さんは、このQ&Aが「相談サービス」ではないことに、十分ご留意ください。このQ&Aは、保護者が場面緘黙についての一般的な概念について理解を深めるとともに、医師やセラピスト、教師と、皆さんが話し合うことが必要な事柄について、意見交換するために設けてあります。このQ&Aは、医師と患者の間でのやり取りを示すものではありません。また、この回答によって、お子さんに適切な治療を行えるわけではありません。

 
【目次】
1.診断
2.場面緘黙の特質−わざと話さないのではない
3.治療法
4.親の対応−友達や他人から話しかけられた時
5.併存する障害
6.治療の確立
7.薬物療法
8.減薬について
9.通常学級と特別支援学級
10.学校での取り組み
11.発話へのプレッシャーについて
12.生活関連
13.トイレの問題(おもらしやおねしょ)
14.年齢が上の子どもや大人の場面緘黙


1.診断
Q1. 娘にお薬は必要でしょうか?
Q2. 娘は場面緘黙なのでしょうか?
Q3. 楽しそうに見えるのですが、場面緘黙の子どもにはよくあることでしょうか?
Q4. 専門家を探すべきでしょうか?
Q5.

娘の場面緘黙の支援を、どこで始めればよいのでしょうか?

2.場面緘黙の特質−わざと話さないのではない
Q1.

子どもの行動に注目せず、きっと克服すると願っていてよいのでしょうか?
Q2. 娘はなんとか不安と戦おうともがいているのでしょうか?
Q3.

子どもの自己評価や自信を高めるには、どうすればよいのでしょうか?
Q4. 男子児童の進級を1年遅らせるべきでしょうか?
Q5. 子どもの状態をどう理解すればよいのでしょうか?
Q6.

.
お薬で話せるようになるのでしょうか?

 
3.治療法
Q1. 今後の方向性について教えてください。
Q2. どのようなタイミングで、薬物療法を始めればよいのでしょうか?
Q3. 場面緘黙をみた経験があるセラピストにかかるべきですか?
Q4. 別のセラピストを探した方がいいのでしょうか?
Q5. 緘黙児が自分の声を嫌っている時は、何かよい方法はありますか?
Q6. どこに支援を求めればよいのでしょうか?
Q7.

場面緘黙が、何か別の表現に変わるだけでしょうか?

4.親の対応−友達や他人から話しかけられた時
Q1.

娘といる時に、他人から話すよう求められた場合、親はどう対処すればよいのでしょうか?
Q2.

親の私が間に入って答えた方がいいのでしょうか?

5.併存する障害
Q1
場面緘黙以外の不安症状があるケースが多いのでしょうか?
Q2

障害をもつ子どもですが、どうすればささやきモードから抜け出せるでしょうか?
Q3

どうすれば、小学校入学での不安を和げることができるでしょうか?
Q4 筋肉の緊張が弱いことと、場面緘黙とは関係ありますか?
Q5

親に対しても「開かれた質問」に答えないのですが、緘黙児によくあることなのでしょうか?
Q6 自傷行為は、場面緘黙の状態の一つでしょうか?
Q7 セロトニンの欠乏は遺伝しますか?
Q8

「話し方や言語の障害」と場面緘黙では、どちらから取り組む べきでしょうか?
Q9 自閉症との区別を教えてください。
Q10 年齢が上がれば、少しずつ不安は減ってくるものなのでしょうか?
Q11

場面緘黙と強迫性障害OCDをもつ息子がいます。プロザックよりパキシルのほうが有効でしょうか?
Q12 場面緘黙の治療を、作業療法士にお願いしてよいのでしょうか?

治療の確立
Q1 言葉の壁は、自信に影響するでしょうか?
Q2 娘のためにできることは他にないのでしょうか?
Q3 治療機関での手法をどのようにして教室に移していくのですか? 
Q4 娘の不安を下げ幼稚園で話せるようになるには、どうすればよいのでしょうか?
Q5 どのような量と間隔で薬を増やせばよいのでしょうか?
Q6 .「録音編集法」は試す価値がありますか?
Q7 娘に怖い思いをさせても大丈夫でしょうか?
Q8 .恐怖感を和らげるために、夜娘が寝入るまでそばにいてやる方がいいでしょうか?
Q9 息子が自分が喋ったと言う時、本当なのか問いただしていいのでしょうか?
Q10 小児科医に協力をお願いした方がよいでしょうか?
Q11 娘に治療目標を知らせる方がよいのでしょうか?
Q12 娘の発話を促すために、目標を設定するべきでしょうか?
Q13 小学校入学を遅らせた方がよいでしょうか?
Q14 支援が受けられる所を探した方がいいでしょうか?
Q15 教室に先生がいない方が、娘は大きな声が出るのですが、それはなぜでしょうか?
Q16 娘はこのまま少しずつ改善していくのでしょうか? それとも、専門家の支援を探すべきでしょうか?
Q17 SMartセンターで息子を診ていただいた方がよろしいでしょうか?
 7.薬物療法
Q1 3歳以下の場面緘黙の子どもで、お薬を使って効果があったケースはありますか?
Q2 お薬について、親が特に知っておくべき指針を教えてください。
Q3 薬物療法を支持されますか?また、薬の種類を教えてください。
Q4 服薬するのは、さまざまなことに手を尽くした後の方がよいのでしょうか?
Q5 お薬は、場面緘黙の治療に有効ですか?
Q6 まだ幼い娘には薬の量が多すぎるのではないでしょうか?
Q7 子どもの不安や場面緘黙にジプレキサを使用すると聞かれたことがありますか?
Q8 場面緘黙の治療にザナックスを使用されたことはありますか?
Q9 薬物療法はどれくらい続ければよいでしょうか?
Q10 どれくらいの状態で、お薬を始めればよいでしょうか?
Q11 薬が抑制を緩める働きをしているとのことですが、服薬を中止するとどうなりますか?
Q12 成長期の子どもにパキシルのような薬は危険ではないでしょうか?
Q13 治療選択肢の一つとして保護者にお薬を検討していただくためには、どのようにお話すればよいのでしょうか?
Q14 娘の自発性に任せたまま、薬を使わずに改善するでしょうか?
Q15 4歳児への平均投薬量を教えてください。
Q16 脳の欠陥と場面緘黙は、関連があるのでしょうか?
Q17 このお薬の量で十分効果がありますか?
Q18 薬の量はこれでいいですか?また、どのくらいの期間続ける必要がありますか?
Q19 投薬開始時の薬の量が多すぎるでしょうか?
Q20 症状改善が見られても、薬物療法を始めた方がよいでしょうか?
Q21 プロザック以外の薬も試しましたが、プロザックにもどした方がよいでしょうか?
Q22 ゾロフトとプロザックの違いを教えてください。
Q23 プロザックの短期・長期的副作用について教えてください。
Q24 場面緘黙の治療にセント・ジョンズ・ワート(訳者注)はどう思われますか?
Q25 セレクサを使われたことはありますか ?
Q26 8歳児のパキシルの最大投与量を教えてください
Q27 どのようなお薬がよいですか? 薬の短期的また長期的副作用を教えてください。
Q28 どのような兆候、どんな段階の時に薬物療法を検討すべきでしょうか?
Q29 どのような薬がよいでしょうか?
Q30 プロザックが効く子どもと効かない子どもがいるのはなぜでしょうか
8.減薬について(各Q新しいウィンドゥで開きます)
Q1 お薬を減らしてもよいでしょうか?
9.通常学級と特別支援学級(各Q新しいウィンドゥで開きます)
Q1 場面緘黙児は特別支援学級に在籍させるべきでしょうか?
Q2 場面緘黙児のホームスクーリングについて何かアドバイスをいただけませんか。学校に通学せず、親が家庭でわが子を教育しています。
Q3 飛び級したクラスで場面緘黙です。どう対処すればよいでしょうか?
Q4 親戚の者が場面緘黙の娘の先生になるのはよいことでしょうか?
Q5 娘にプレ幼稚園は早すぎるでしょうか?
Q6 場面緘黙の英才児の場合、母性的な先生と優秀なお友達たちとなら、どちらと一緒にいるのがよいでしょうか?
Q7 娘にモンテソーリ・スクールはどうでしょうか?
Q8 モンテソーリ・スクールと公立幼稚園の教室環境について、先生の考えをお聞きしたいのですが。
Q9 少人数の私立プレ幼稚園と、今から公立のプレ幼稚園に変わるのとでは、どちらがよいと思われますか?
Q10 娘はEMT(特別教育のための専門家チーム)の審査を受けるか、留年を考えた方がよいのでしょうか。

※ 目次10〜13は、現在最終調整中です。

14.年齢が上の子どもや大人の場面緘黙について
Q1 不安障害の治療にCESまたはEMDRを使われたことがありますか?
Q2 人とうまく関われない高校生の娘に、 親としてできることは何でしょうか?
Q3 14歳の息子のための、最善の治療法を教えてください。
Q4 大人と子どもの場面緘黙の違いは何でしょうか?
Q5 十代の場面緘黙の子どもが治療を受けた場合、どれくらいの割合で改善するのでしょうか?
Q6 十代の子どもには、どのような治療が有効でしょうか?相手が誰であっても、必要な用件を伝えるのがおぼつかない状態です。